2017年11月04日

丸の内から日比谷へ拡張

ほぼ一か月ぶりのビル群モデル更新です。

大手町はほぼ完成したので南側へ広げていきたいと思います。

20171104_01.png

画面左から右に向かって丸の内〜有楽町〜日比谷です。

20171104_02.png

丸の内の南側はまだまだ低層のビルが多いです。画面内見切れていない建物で100m越えは左から現在建設中の「(仮称)丸の内3-2計画」(150m)、DNタワー21(114.9m)、ザ・ペニンシュラ東京(111.87m)です。

20171104_03.png

東側から。
大物の東京国際フォーラムはまだ作ってません。
有楽町駅南端の有楽町電気ビルヂングは北館・南館の2棟建てでそれぞれ87.0m、79.04mです。

20171104_04.png

更に南側の日比谷エリアです。
「(仮称)新日比谷プロジェクト」として進められていた東京ミッドタウン日比谷ですが、まだ作っていません。内幸町のビル群とともに次はこのあたりを埋めていきたいと思います。
東京ミッドタウン日比谷の北側手前は日比谷マリンビル。ビルの端が円形に抉られた形をしています。正確な高さは不明ですが60mで作成しています。その奥は東宝ツインタワービル、ビルの上に塔が二つ載っています。
南側手前は東京宝塚劇場でその後ろは東宝宝塚ビル(118.85m)。100m越えですが、細く突き出した塔でだいぶ稼いでいるのであまり高い感じではありません。

20171104_05.png

内幸町が埋まればいよいよ虎ノ門から南側のビル群に繋がっていきます。


posted by モエストロ at 10:58| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年11月01日

『建築知識』2017年12月号でイラストを担当させていただきました。

ご無沙汰しております。
このところちょっと更新が滞っていました。
気が付けば10月は1日分しか記事を書けていませんでした。

実はイラストのお仕事に関わっていて、出張続きの本業の忙しさも然ることながらてんやわんやでブログの更新は完全に切り捨てていました。
イラストのほうもひと段落付きまして、さっそくamazonさんに書影が登録されております。


エクスナレッジ
2017年11月20日発売予定


なんと、表紙!



ということで、株式会社エクスナレッジ様『建築知識』2017年12月号【特集】建築基準法キャラクター図鑑にて表紙およびイラスト数点を担当させていただきました。
私の他にも多数のイラストレーターさんが参加、複雑な建築基準法の内容を楽しく解説されていて「わーい、たのしー!」な内容になっております。
ぜひ、ご一読のほどお願い申し上げます。

そしてまた、ぼちぼちブログのほうも更新していきたいと思います。
今後とも『萌えストラクチャー』を宜しくお願い致します。


続きを読む
posted by モエストロ at 23:26| Comment(0) | 日記

2017年10月03日

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業A棟(230m)、施工は戸田建設


20171003_01.png
(完成予想イメージ)

三菱地所が進める大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業A棟の施工を戸田建設が担当することになったそうです。



日本最高層390mの超高層ビルであるB棟より先行して建設が進められるA棟は2021年に完成予定です。
高さは建設通信新聞では「高さ約210m」となっていて、建設工業新聞では「最高高さ約230m」となっています。どちらが正しいかわかりませんが、個人的には軒高210mで最高部高さ230m説で期待していきたいと思います。
戸田建設は最近では大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー(177m)、富久クロス・コンフォートタワー(191m)等の施工実績があります。

TOPの画像は完成予想イメージモックです。
現況のモックと比べてみましょう。

20171003_02.png
(現況モック)

中心に見えるのが最高高さ119.65mの朝日生命大手町ビルです。
100m越えでもだいぶ小さく見えます。竣工当時はこの界隈で一番高いビルでしたが周りにどんどん大きなビルが建ってきて今では全然目立たなくなりました。
しかし10年後にはそんな周りの大きなビルよりもはるかに大きなビルに生まれ変わります。

20171003_03.png

鳥瞰イメージです。
一帯は朝日生命大手町ビルの他に日本ビルヂング(51.4m)、JXビル(87m)、大和呉服橋ビル(38.5m)などが建っていましたが、すでにJXビルは解体が進められています。日本ビルヂングも一旦閉館して北側の一部が解体されました。残った部分には再度テナントを入れて当面オフィスとして使用されるようです。この間のニュースではパソナが牧場を開くとかやっていました。東京のど真ん中でしかもビルの中で牧場とは、まったく以って意味が分かりません(笑)。
そんな日本ビルヂングもその後、朝日生命大手町ビルとともに解体され、跡地には2027年完成予定で地上390mのB棟が建設されます。

20171003_04.png

完成鳥瞰イメージです。
B棟は延床面積が490,000uというだけあってメチャメチャ大きいです。
展望台も設置されるということなので今から非常に楽しみです。



■おまけ

20171003_05.png

常盤橋地区の現況モックのアップです。
現況といってもまだ解体前の状態です。
けっこう精巧めに作ってありますが、精巧過ぎてめちゃめちゃ重いので普段は非表示にしています。

20171003_06.png

線表示をOFFにするとこんな感じです。
全篇こんな感じで作れたら良いのですが、データサイズ的にも時間的に無理無理です。




posted by モエストロ at 21:40| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年09月30日

KDDI大手町ビル

20170930_01.png

KDDI大手町ビルです。
1990年11月竣工、地上23階/地下4階、高さは106.8mで上部のアンテナ塔を含む高さは144mです。すでに三方をより高いビルに囲まれていて正面のOH-1計画200mができると四方を囲まれてしまいます。

20170930_02.png

これでこのあたりも完成......かと思ったら裏手の星のや東京(87.67m)を作り忘れてました。またそのうち追加しておきます。

20170930_03.png

北側から
あたまだけしか見えていません。

20170930_04.png

鳥瞰です。
大手町が出来上がってきたので丸の内あたりももっと埋めていきたいです。



posted by モエストロ at 11:36| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年09月24日

大手町二丁目地区とか大手町フィナンシャルシティとか

勢いで大手町の北側を爆追加しました。

20170924_01.png

左から大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業B棟(163m)、同A棟(178m)、東京サンケイビル(146m)、大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー(177m)、同ノースタワー(154m)、同グランキューブ(168.28m)、サウスタワーの後ろに頭だけ出ているのが読売新聞東京本社(200m)です。
手前の屋上にアンテナのあるビルはNTTコミュニケーションズ大手町ビル、その後ろが同別館です。高さは不明ですが、モデリングは30m+アンテナ最頂部150m、別館は55mとしています。
アンテナの円周分割数が多過ぎて昼間障害標識が分かりづらくなってしまいました。

20170924_02.png

モデリングの線表示をオフにするとよくわかるようになります。

20170924_05.png

それにしても超高層がたくさん密集しています。
タワークレーンのところに200mが建つとさらに凄くなりますね。

20170924_04.png

南側から。
読売新聞東京本社と東京サンケイビルの南側の幅の広い低層ビルは三菱地所の大手町ビル(31m)です。幅が200m以上もあります。
このビルは1958年4月竣工で来年で築60年を迎えます。
てっきり大手町の連鎖再開発の中で再開発されるのかと思っていましたが、この間、中央部を繰り抜いて貫通路を設ける改修を行ったうえで今後も運用を続けるというニュースがありました。たしかに特段、具体的な計画も無かったのでやりづらい街区なのかなと思っていましたが、まさか穴を空けて通路を作ってまでも使い続けるとはいやはや・・・。
いったいあと何年くらいもたせるつもりなのでしょうか。

20170924_03.png

先日タワークレーンを置いたOH-1計画の眺めも現実の風景と同様にビルに囲まれてきました。
そういえばまだ真後ろのKDDI大手町ビルを作ってませんでした。
そのうち追加します。

20170924_06.png

平面図です。
もはやどこに何を追加したのかもわからなくなりそうです。

20170924_07.png

中央あたりを拡大すると判別できます。
データ軽量化のため大幅に省略してしまっているのでほぼシルエットですが、この場末のビルブログに来る方であればだいたいわかるかと思います。


posted by モエストロ at 21:46| Comment(0) | 超高層ビル・タワー