2016年09月24日

六本木ヒルズ 東京シティビュー『大都市に迫る空想脅威展』に行ってきた!

20160924_bldg_101.JPG
今日は本日9月24日(土)から始まった六本木ヒルズ 東京シティビュー特別展示『大都市に迫る空想脅威展』に行って来ました。
この展示は六本木ヒルズ森タワーの展望台の中で11月13日(日)まで開催されています。
森ビルが誇る通常一般非公開の縮尺1/1000の都市模型の展示もあり、開催初日からさっそく行って来ました。

20160924_bldg_0001.JPG
入り口。

20160924_bldg_0002.JPG
入ってすぐ、折れた東京タワーがお出迎え

続きを読む
posted by モエストロ at 23:59| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2016年04月21日

2016年4月21日リニューアルオープン! SKY CIRCUS サンシャイン60展望台に行ってきた!

20160421_bldg_0000.JPG
2016年4月21日木曜日の今日、リニューアルのため昨年5月より休館していたサンシャイン60展望台がSKY CIRCUS サンシャイン60展望台としてリニューアルオープンしました。
早速、会社を休んで行って来ました。

20160421_bldg_0001.JPG
そんなわけで池袋のサンシャイン60です。かなりひさびさです。

20160421_bldg_0002.JPG

朝の9:30くらい。

20160421_bldg_0003.JPG
地下1階の展望台行のエレベーターフロアです。
初日のためか係員さん多めです。
なお、行列はない模様。

20160421_bldg_0004.JPG
エレベーターもデザインが新しくなっています。

20160421_bldg_0005.JPG
60階についたらすでに十数名ほど先客が!

10時からちょっとしたオープニングセレモニーが行われました。
公式アンバサダーのおのののかさんが来てました。

20160421_bldg_0006.JPG
セレモニーが終わって第一陣で入場。
写真は入ってすぐのエリアですが、この前にSKY CIRCUS TENTというのがあるのですが、そこだけは撮影禁止でした。

20160421_bldg_0007.JPG
天空251エリアです。

20160421_bldg_0008.JPG
エリア奥から

20160421_bldg_0009.JPG
フロア床にはこのようなディスプレイが埋め込まれていてガラス床のような眺めを味わうことができます。

20160421_bldg_0010.JPG


20160421_bldg_0011.JPG
大きいほうは映像が目まぐるしく切り替わっています。

20160421_bldg_0012.JPG
トランポリンでジャンプしながら移動するイメージとなっています。

20160421_bldg_0013.JPG
羽田空港

20160421_bldg_0014.JPG
東京タワー

20160421_bldg_0015.JPG
サンシャインシティ。
ほかにも草原や山の中などをぴょーんとトランポリンでジャンプします

20160421_bldg_0016.JPG
さて、次のエリアに移動します。

20160421_bldg_0017.JPG
カレイドスケープと銘打たれたコーナーです。
光と鏡を使ったイリュージョン体験とのこと。


20160421_bldg_0018.JPG
無限スケープ

20160421_bldg_0019.JPG
中はガラスで囲まれていて目まぐるしく映像が切り替わります。

20160421_bldg_0020.JPG
鏡が幾重にも反射してとても広い空間のように感じます。

20160421_bldg_0021.JPG
バージョンがいくつかあるようです。

20160421_bldg_0022.JPG


20160421_bldg_0023.JPG


20160421_bldg_0024.JPG


20160421_bldg_0025.JPG
カレイドスコープ60

20160421_bldg_0026.JPG
のぞき穴がたくさん設けられています。

20160421_bldg_0027.JPG
中には美しい模様が。
のぞき穴ごとにいろいろな模様が楽しめます。

20160421_bldg_0028.JPG
LIGHTファウンテン

20160421_bldg_0029.JPG
テーブルの鏡像ではフロアが吹き抜けのようになって見えます

20160421_bldg_0030.JPG
モザイクSKY

20160421_bldg_0031.JPG


20160421_bldg_0032.JPG
SUNLIGHTサーカス

20160421_bldg_0033.JPG


20160421_bldg_0034.JPG



20160421_bldg_0035.JPG


20160421_bldg_0036.JPG
ここは夜に見ると何かみえるようです。

20160421_bldg_0037.JPG
ここから次のエリアです

20160421_bldg_0038.JPG
SKY BRIDGE

20160421_bldg_0039.JPG
BABY CLOUD

20160421_bldg_0040.JPG
もこもこの部分に触ると音が出ます。

20160421_bldg_0041.JPG
アンブレラ NEXT

20160421_bldg_0042.JPG
傘を握ると映像と連動した振動が伝わってくる仕掛けです。

20160421_bldg_0043.JPG
さて、いよいよこのリニューアルの目玉のひとつ、TOKYO 弾丸フライトです。

20160421_bldg_0044.JPG
こちらは別途600円料金が必要なVR(バーチャルリアリティー)を利用した新型アトラクションです。

20160421_bldg_0045.JPG


20160421_bldg_0046.JPG
映像と筐体が連動していて自分が弾丸になって打ち出されるような感覚を味わえるというものです。

20160421_bldg_0047.JPG
けっこう傾斜がかかったり振動があるので「乗り物酔い」のような状態になることもあるようです。
そんなときは「GIVE UP」するようにと説明があります。

20160421_bldg_0048.JPG


20160421_bldg_0049.JPG
このような感じで「搭乗」します。

20160421_bldg_0050.JPG
VRゴーグルで見える「眺め」は、3DCGでできています。

20160421_bldg_0051.JPG
未来の東京というコンセプトで3DCGで作成された未来都市の上空をダイビングします。

20160421_bldg_0052.JPG
ギガ・ロッポン・・・・・・ギロッポンみたいです

20160421_bldg_0053.JPG
!?

20160421_bldg_0054.JPG
巨大な女の子が描かれたビル・・・・・・だと・・・・・・?!

愛着というか近しいものを感じざるを得ない!

ということで、

20160421_bldg_0055.JPG
実際に乗ってみた。

映像自体はVRなのでここでは画像等でお見せすることはできませんが、一言でいうと

おもしろい!

VRというのは初めて体験しましたが、振動や傾斜を体感できる筐体ということもあり、かなりの浮遊感を味わうことができました。
更にはサンシャイン60という超高層ビル内のアトラクションということもあり、ビル好き好みの3DCG世界です。
VRゴーグル内で映る映像というのは見上げればきちんと映像が付いてくるのです。
なので巨大な東京グレートタワーを見上げたり、去りゆく景色を振り返って確認することが出来たり、立体感を伴った体験が可能になっています。
そして例の秋葉原の巨大女の子ビル(笑)!
巨大な女の子に向かって突撃していくところでは思わずニヤけてしまいました。
やばい、楽しい!

乗り物酔い的なものがあるということだったので多少気構えてしまいましたが、杞憂でした。
ちょっと一気にテンション上がりました。


20160421_bldg_0056.JPG
さて、次にもう一つの有料アトラクションスウィングコースター(400円)です。

20160421_bldg_0057.JPG
こちらはブランコのような設備のアトラクションです。

20160421_bldg_0058.JPG
ビルの上から滑り台(?)的なVR体験ができるようです。

20160421_bldg_0059.JPG
なんかキャラクターがいます。

20160421_bldg_0060.JPG
ブランコ、といっても椅子自体は固定されているので漕ぐことはできません。

20160421_bldg_0061.JPG
こちらもTOKYO 弾丸フライトと同様、VRゴーグルとヘッドセットを付けます。

20160421_bldg_0062.JPG
椅子の前には扇風機が。
これで風を感じる、ということなのか・・・・・・。

20160421_bldg_0063.JPG
やはりこちらも、体験してみました。
こちらは見た目がそんな仰々しくなかったのであまり気構えていなかったのですが、凶悪でした。
見た目とは裏腹にVRでの「落ちる」感覚がモロに来ました。
このVRではサンシャインの高さからブランコで下降するイメージなのですが、ようはジェットコースターみたいな感じでゾワっと落ちる感覚に襲われます。
東京弾丸フライトの場合は動きを伴って「落ちて」いたので大丈夫だったんですが、こちらは物理的なものがなく脳ミソだけが落ちる感覚で、そのせいなのかけっこうな乗り物酔い的なものが最後のほうでこみ上げてきました。

けっして、悪いわけではなくてそれだけ浮遊感を体験できるということです。
酔ったは酔ったんですが、それ以上に面白さがありました。
VR、すごいです。
サンシャイン60に来た際にはぜひ体験していただきたい!


20160421_bldg_0064.JPG
続きまして、ちょっと地味に隠れた場所にあるアトラクションです。

20160421_bldg_0065.JPG
TOKYOクリフハンガー

20160421_bldg_0066.JPG
外周の廊下ではなく中通路に設置されてます。
もしかしたら今日は気付かずに帰ってしまったお客さんもいるかもしれません。

20160421_bldg_0067.JPG
足マークのところに立つと子供と大人の選択が出てきます。
僕は大人なので大人のほうに足を踏み出すと、

20160421_bldg_0069.JPG
カウントダウンの表示された足場が出てきて早く渡らないと、

20160421_bldg_0068.JPG
死にます。

20160421_bldg_0070.JPG
なんかちょっと地味なゲームですが、運動不足の大きなおともだちにはちょうどいいのかも。

20160421_bldg_0071.JPG
SKY PARTY

20160421_bldg_0072.JPG
レッ ぱりー たいぃむ! です。
立った人の位置・動きに合わせたプロジェクションマッピング(?)が前面のプロジェクターに表示されます。


20160421_bldg_0074.JPG
ぐるぐるSHOT

20160421_bldg_0075.JPG
ごめんなさい、僕ぼっちだからこれはよくわかりませんでした。

20160421_bldg_0076.JPG
CAFEです。
リニューアル前も同じ場所にありましたが、リニューアル後も設置されていました。

20160421_bldg_0077.JPG


20160421_bldg_0078.JPG
なんかだいぶきれいになってます。

20160421_bldg_0079.JPG
食べ物もおしゃれな感じになってます。

20160421_bldg_0080.JPG
おみやげコーナーです。
こちらは以前は反対側の位置にありましたがCAFE側に移動してきました。
かなりきれいで今風になっています。

20160421_bldg_0081.JPG
リニューアルに合わせて新商品を投入してきています。
もしかしたらサンシャイン60ペーパークラフト(1/1000)とか酔狂なものを作ってくれていないか期待しましたが、残念ながらありませんでした。

20160421_bldg_0082.JPG

20160421_bldg_0083.JPG


20160421_bldg_0084.JPG
リニューアルはこんなところにも。
お手洗いの流しが召喚魔法みたいな感じになってました。

20160421_bldg_0085.JPG
ひとしきり楽しんだあとはちょっと小休止。

20160421_bldg_0086.JPG
空の上でいただくおやつはおいしいです。

20160421_bldg_0087.JPG
出口付近にはSNSを意識したこんなものも

20160421_bldg_0088.JPG
投稿するとこの映像に反映されるようになっています。

20160421_bldg_0091.JPG
そんなこんなで、リニューアルしたサンシャイン60展望台、かなり満喫してきました。

20160421_bldg_0089.JPG
もちろん、ビル好きとしては外の景色も楽しみのひとつではあります。

20160421_bldg_0090.JPG
これからゴールデンウィークを控えて水族館などもあるサンシャインシティに訪れる方も多いと思います。
合わせてこのSKY CIRCUS サンシャイン60展望台もぜひ訪れてみてください。

#超高層ビルはいいぞ


タグ:超高層ビル
posted by モエストロ at 23:55| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2015年09月01日

三菱地所 常盤橋街区再開発プロジェクト! 地上390m 61階建の超高層ビル!

8月30日の日本経済新聞社の400mビルの記事から熱冷めやらぬ8月31日、当の三菱地所がその計画の概要を明らかにしました。

三菱地所ニュースリリース

結果として日経のフライング記事だったようで400m越えこそありませんでしたが、それでも地上390m61階建の超高層ビルを2027年に竣工させるとしています。

それにしても驚くべきはその規模です。
事業概要によると敷地面積31,400uに総延べ面積680,000u、超高層2棟を含む4つの施設を建築します。
六本木ヒルズの724,000uにこそ及びませんが、敷地面積が半分以下でこの規模は私の想像をはるかに上回っていました。
特にメインとなる地上390mの超高層ビルは延べ面積490,000uと六本木ヒルズの379,000uよりも100,000u以上も大きなものです。
階数こそ地上61階/地下5階建ですが、逆に考えると1フロアあたりの面積は単純計算で地上61+地下5階=66フロアなので1フロアあたり7400uとなります。サッカーW杯のサッカーコートサイズが105×68m=7,140uであることを考えると恐ろしく広いフロア面積です。現状で「日本最大級」を謳うオフィスフロアが5,000u台であることを考えるとその1.5倍近いサイズになります。都心の超一等地、いったい賃料はいくらくらいになるのでしょう。

それにしても惜しむらくは高さ。
390mということですが、なんとかあと10m頑張ってもらいたかった。
でもまだあと12mあるのでなんとか+アルファの高さで計画を実現してほしいところです。
この先、日本の景気が良くなることを祈るばかりです。

さて、イメージ図も出たので、それをもとにしてちょっと3Dモデルを更新してみました。

390m_image7.png
皇居側から


390m_image6.png
神田方面から
  

390m_image5.png
八重洲口側から

390m_image4.png
有楽町方向から


390m_image3.png

日比谷方向から

390m_image2.png
鳥瞰


390m_image1.png
←有楽町             東京駅            390mビル  神田⇒

立面図



490,000uという規模+230mのA棟もあることで非常に存在感があります。

実際にこのビルが建った東京の姿、非常に楽しみです。




posted by モエストロ at 01:14| Comment(1) | 超高層ビル・タワー

2015年08月30日

東京駅 大手町常盤橋地区に400m級超高層ビルの計画!

2015年8月29日の日本経済新聞に大注目のニュースがありました。

三菱地所が大手町の常盤橋地区に400m級の超高層ビルを建てるというものです。

正直、東京で400m級のビルはないと思っていたのでかなり驚きです。
確かに常盤橋地区はぎりぎり羽田空港の制限表面の範囲外なので建てようと思えば400m級も可能です。
また高さ制限だけでなく、敷地と容積率の関係もあるのでかなり広大な敷地が必要になりますが朝日生命大手町ビル、日本ビル、JXビル、大和呉服橋ビルを含む常盤橋地区は3万u以上(記事では3万1千u)の敷地があるため、仮に容積率を1500%とすると45万uの延床面積を実現可能です。もしこれを1棟で使いきればフロア面積4,500u×100階建も可能です。
現実的には低層部の商業エリアや最近の階高の傾向を考えると4,000u×80階程度になるかなと個人的に予想(妄想)してます。
それでも単体ビルの規模的には六本木ヒルズ森タワークラスなのでかなり巨大なビルです。さすがに東京の中心地でも周辺のビルとの競合を考えるとオフィス単体でなく、ホテル等を含めた複合ビルになるのではないかと思います。
できれば最上階に展望台が欲しいですね。

現段階では日経の記事しか出ていないので具体的なプランは不明ですが、いまコツコツと作っている東京駅周辺のビル街モデルがあるので、ちょっと400m級のビルを配置してどんな感じか見てみました。
400m.png
常盤橋地区に400mの超高層ビルを配置した場合の皇居側からの景観モデル

400m_2.png
八重洲口側から。
参考に朝日生命大手町ビル(119m)を残してありますが、100m級が低層ビルに見えます。

400m_立面図.png
←皇居            丸の内    東京駅        八重洲口

有楽町方向からの立面図
周りの150〜200m級が中層ビルのようです。


ただ、ちょっと気がかりなのはこの常盤橋地区、六本木ヒルズと東京スカイツリーのライン上に存在するため、完成すると森タワーのスカイデッキから東京スカイツリーが見えなくなる可能性があります。うまくずらせば並んで見られるかも知れませんが、ちょっと気になるところです。

 
まだ三菱地所からは公式な発表はないので日経の飛ばし記事の可能性も大いにありますが、実現に大いに期待したいです。
ほぼほぼ休止中のブログを久々に開いて記事を書いちゃうくらい、ビル好きにはビッグなニュースでした。
 



posted by モエストロ at 08:27| Comment(4) | 超高層ビル・タワー

2014年09月23日

京都駅の画像(43枚)

中学の修学旅行以来の京都訪問。
20140908_KyotoStation001.JPG 
京都タワーに登ったあとは京都駅を探索。

20140908_KyotoStation002.JPG
長いです。長すぎてカメラに収まり切りません。
それもそのはず、長さが470mもあります。
東京駅の赤レンガ駅舎(330m)の1.4倍くらいあります。

20140908_KyotoStation003.JPG
北口です。中に入ります。

20140908_KyotoStation004.JPG
中は巨大な吹き抜けになってます。すごい広い!

20140908_KyotoStation005.JPG
ほんと巨大な空間です。
この吹き抜けは横幅が147m、奥行が29m、高さが50m。
巨大ロボットのハンガーがあったらこんな感じでしょうか。

20140908_KyotoStation006.JPG

20140908_KyotoStation007.JPG


20140908_KyotoStation008.JPG
エスカレーターで上の階へ。移動しているうちに自分が何階にいるのか分からなくなります。

20140908_KyotoStation009.JPG


20140908_KyotoStation010.JPG


20140908_KyotoStation011.JPG


20140908_KyotoStation012.JPG


20140908_KyotoStation013.JPG
対比に人を入れるとその大きさがわかります。

20140908_KyotoStation014.JPG
ガラス窓の向こう側に京都タワーが見えます。

20140908_KyotoStation015.JPG
マジマジと構造を見てみるとけっこういびつなかたちです。
こういうかたちだと強度とか構造設計とか素人にはまったくわかりません。

20140908_KyotoStation016.JPG
だいぶ登って来ました。
右の渡り廊下で吹き抜けの上を渡れるようになっているようです。

20140908_KyotoStation017.JPG
最上部まで来ました。 
せっかくなのであの渡り廊下を渡ります。

20140908_KyotoStation018.JPG
来ました。

20140908_KyotoStation019.JPG
長い!

20140908_KyotoStation020.JPG
窓の隙間から下を見下ろしてみます。
この通路は地上45mの高さになるそうで、こうしてみるとかなり高いです。

20140908_KyotoStation021.JPG
間近で天井の構造を見られます。

20140908_KyotoStation022.JPG
通路の途中には展望スペースが設けられていました。

20140908_KyotoStation023.JPG
正面から京都タワーが見られます。

20140908_KyotoStation024.JPG

20140908_KyotoStation025.JPG
京都タワービルの11階よりちょっと高いくらいでしょうか。

20140908_KyotoStation026.JPG

20140908_KyotoStation027.JPG
通路が終わりました。ホテルグランヴィア京都の上あたりでしょうか。
広場の中央に鳥かごが設けられています。
なんでしょう。あれでSAOのアスナごっこでもしろということでしょうか。

20140908_KyotoStation028.JPG
こうやってみるとかっこいいです。
こういう段々の構造を見てるとエヴァのNERV本部を思い出します。

20140908_KyotoStation029.JPG

20140908_KyotoStation030.JPG

20140908_KyotoStation031.JPG
消火用の放水銃。

ひと通り見た後、お土産屋さんを見にB1に立ち寄ったところ・・・・・・

20140908_KyotoStation039.JPG
LEGO製の京都駅ビルを見つけました。
レゴなのにデカいwww

20140908_KyotoStation032.JPG
すごい!
20140908_KyotoStation033.JPG
ディテールまでしっかり作り込まれてます。

20140908_KyotoStation034.JPG
こうやって見ると船みたいです。

20140908_KyotoStation035.JPG
実物だと全景を収めることは難しいですが、

20140908_KyotoStation036.JPG
LEGOならば。

20140908_KyotoStation037.JPG
全景の撮影が可能!

20140908_KyotoStation038.JPG
LEGOはすごいですね。

20140908_KyotoStation040.JPG
京都駅(LEGO)正面から。

20140908_KyotoStation041.JPG
上から。

20140908_KyotoStation042.JPG
なんだか空撮気分です。

20140908_KyotoStation043.JPG
堪能しました。

以上、「京都駅の画像(43枚)」でした。
 
 

タグ:駅ビル
posted by モエストロ at 07:46| Comment(0) | 超高層ビル・タワー