2017年11月18日

品川駅東口北側のビル群

20171118_01.png

全然未配置だった品川のビル群に着手しました。
まずは東口の北側から

20171118_02.png

NTT村です。
品川はNTT関連のビルが集まっています。
手前の5つが左から順に
・NTT DoCoMo品川ビル(144.994m)
・NTT品川TWINS アネックスビル(106.00m)
・NTT品川TWINS データ棟(58.375m)
・NTT品川TWINS オフィス棟(58.275m)
・NTTDATA品川ビル(132.42m)
です。
NTT DoCoMo品川ビルはかなり特徴のあるビルなのでけっこう作り込みました。
全国に2か所存在するドコモのネットワークオペレーションセンターの一つがこのビルのあるそうです。ドコモの通信ネットワークの心臓部分でとても重要な拠点です。
もう一つは大阪のドコモ大阪南港ビルにあります。
どちらかが機能不全になっても残ったほうでカバーができるように備えられています。

20171118_03.png

中央左奥から
・A-PLACE品川(高さ不明)
・コクヨホール(高さ不明)
・コクヨ東京品川オフィス(高さ不明)
後述のソニーシティ(99.4m)手前の超高層ビルは港南Wビル(100.1m)。
ソニーシティより若干高くなっています。
港南Wビルの手前は日新ビル(高さ不明)です。
一番右の二棟は既に解体済みで跡地は(仮称)はとバス港南ビル・港南一丁目市街地住宅(114.36m)となります。

20171118_04.png

左から
・DBC品川東急ビル(高さ不明)
・ソニーシティ(99.4m/地上20階・塔屋2階・地下2階)
・品川シーズンテラス(155.27m/地上32階・地下1階)
です。
ソニーシティはソニーの本社が入っています。
このビルも非常に特徴的なファサードです。頑張って斜めの鉄骨を再現してみました。
ソニーシティは高さはそこまでではありませんがビル自体が非常に太く、100m×70mで延床面積が162,887.57uもあります。
また品川シーズンテラスも太さが83m×80mでさらに高さを備え、205,899.69uの延床面積を誇ります。
新宿センタービル(222.95m/地上54階・塔屋3階・地下4階/64.4m×43.4m)の延床面積が183,063.79uであることを考えると、両棟ともに非常に巨大なオフィスビルであることが分かります。

20171118_05.png

北方向、都心方面を鳥瞰。
かなり気分で作っているのでどこも完成していないし隙間だらけです。
なかなか根気がいる作業なので「作りたい!」って気持ちが起きたものから作っているもので...。
まあ、逆に次はどこが追加されるのか、予想しながら生暖かく見守ってください。

20171118_06.png

いつもの平面図です。
今回追加したのは高いものでも150m台なのであまり目立ちません。
でもやっぱりある程度ビルの特徴を取り入れると判別がつきやすくなります。
ちょっと時間が掛かりますが、このくらいのクオリティが好ましいかも知れません。できれば



posted by モエストロ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 超高層ビル・タワー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181606390

この記事へのトラックバック