2017年11月12日

シン・ゴジラ地上波初放送記念!

【ご注意】映画『シン・ゴジラ』のネタバレを含みます。未見の方はご留意ください。

本日は映画『シン・ゴジラ』(2016年/庵野秀明監督)が地上波初放送でした。

私は映画館で観て、Blu-rayも買って何度も見ました。
今回のゴジラはゴジラ自体がフルCGです。
ハリウッド映画などに比べて見劣りすると思っていた日本の3DCG映画ですが、この映画を見て考えを改めました。
正直、生物の描写はまだまだですが、無機物はかなりクオリティが高くなりました。特に終盤の東京駅の戦闘シーンでビルが次々に崩れる様は圧巻です!
常盤橋の390mが鳥瞰でパンしながら崩れ落ちる様は、怪獣映画でまさに見て見たかった映像でした。たぶんミニチュアでは撮影不可能ではないでしょうか。
ビルの崩れ方も恐らく鉄骨造の超高層ビルが崩れるならまさにああいう崩れ方をするだろうというものが再現されていて、崩れる瞬間は思わず悲鳴を上げてしまいます。
ゴジラが都市を破壊する様は本当に衝撃的で、映画館で初めて虎ノ門での火炎放射を見たときは心の中で「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ...」と叫んでいました。

そんなわけで(どんなわけで?)シン・ゴジラのビルシーンをいつもの都市モデルで再現してみました。

20171112_00.png

武蔵小杉です。
タワマンの間を攻撃ヘリがすり抜けていくシーンです。
ヘリはともかく建物は本物で合成してるのかと思いましたが、背景の街並みも含めてフルCGみたいです。マジかよ…。

20171112_01.png

ゴジラの火炎放射シーンです。
新橋四丁目交差点付近です。
夜のシーンで暗くて映画だともっと画面はズームされているので、東京の人でないと位置感がつかみづらかったかもしれません。
映画の画面より少し広めにとって位置感を掴みやすくしてみました。この図でわかるようにほんと東京のど真ん中なのでこんなところ燃やされるとほんと困ります。

20171112_02.png

東京駅のシーン。
こちらも映画の画面より広めにとって位置感を掴みやすくしています。
2027年竣工予定の常盤橋390mと2023年竣工予定の東京駅前八重洲一丁目東地区250mが何故か既に存在する世界線のようです。
八重洲には他にも245mと240mの計画がありますが、それらはなぜかありません。
物語上の必要性がないためでしょうか。トマホーク攻撃の邪魔になるとか。
ちなみに東京駅の戦闘前に既にJPタワーはゴジラの進路上にあったのか壊されていて破壊シーンがありません。
本作では超高層ビル群だけでなく八重洲や日本橋の低層ビルを含めて全部CGらしいです。
ほんと...マジかよ...。

20171112_03.png

常盤橋390mが崩れるシーンに近めの構図です。後方には秋葉原。
まだ出来てもいないビルの塔屋の構造とかが描かれていて、出来上がったらこんな感じかぁと思わせられました。巨大なビルが崩れ落ちる様が破片の散らばりまで精細に描かれています。
爆破されて傾いたビルの歪んだところからガラスが砕けていく様とか、スロー再生で何度も見ました。
ひとことで言って、最高です!

20171112_04.png

少し高度を下げてパースを取ってみます。
パースがないので遠近がなくなってサイズ感がつかみやすいと思います。
こうしてみるとゴジラがだいぶ小さく見えます。
常盤橋390mと比べると118.5mのゴジラはだいたい1/3です。こんなデカいビルが圧し掛かってきたら本当に致命傷ですね。

20171112_05.png

新橋四丁目もパースを取って北側から見てみました。
この場所でゴジラが火炎放射したのは米軍の地中貫通型爆弾の攻撃への反撃のためだと思われますが、こんな人口密集地で爆撃する米軍はあたまおかしいと思います。
米軍の攻撃開始の連絡を受けた政府は一般市民に地下へ逃げるように指示していますが、そもそも地中貫通型爆弾の攻撃でゴジラを外したら地下ヤバくないですかね(^^;

20171112_07.png

今回のゴジラは身長が118.5m。
東京のビルと比較してみました。
身長こそ118.5mですが尻尾の長さを含めた全長は400mあるそうなので非常に大きく感じます。
っていうか、なげぇwww

劇中では東京都心部のビルがかなり破壊されてしまいました。
ビル好きには衝撃的なシーンが数多くありますが、それらを含めて見ないことはない!
ビル好き必見のビル映画でした。最終的にどのビルが生き残ったのかを確認するのも面白いかと思います。
ほんと、何度も見たい。何度も見る。何度も見ろ!
さあ、みんな円盤を買うんだよ!

3枚組のBlu-rayについてるスペシャル特典DISCだとメイキングとかプリビズとかが見られるので、ビルの映像とかがどうやって作られているのかが垣間見えます。
このシーンはこんな風に作られてるんだ〜とか。 


そんなわけでオススメの↓




以上、シン・ゴジラ地上波初放送記念!でした。



posted by モエストロ at 23:00| Comment(0) | 超高層ビル・タワー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: