2017年10月03日

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業A棟(230m)、施工は戸田建設


20171003_01.png
(完成予想イメージ)

三菱地所が進める大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業A棟の施工を戸田建設が担当することになったそうです。



日本最高層390mの超高層ビルであるB棟より先行して建設が進められるA棟は2021年に完成予定です。
高さは建設通信新聞では「高さ約210m」となっていて、建設工業新聞では「最高高さ約230m」となっています。どちらが正しいかわかりませんが、個人的には軒高210mで最高部高さ230m説で期待していきたいと思います。
戸田建設は最近では大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー(177m)、富久クロス・コンフォートタワー(191m)等の施工実績があります。

TOPの画像は完成予想イメージモックです。
現況のモックと比べてみましょう。

20171003_02.png
(現況モック)

中心に見えるのが最高高さ119.65mの朝日生命大手町ビルです。
100m越えでもだいぶ小さく見えます。竣工当時はこの界隈で一番高いビルでしたが周りにどんどん大きなビルが建ってきて今では全然目立たなくなりました。
しかし10年後にはそんな周りの大きなビルよりもはるかに大きなビルに生まれ変わります。

20171003_03.png

鳥瞰イメージです。
一帯は朝日生命大手町ビルの他に日本ビルヂング(51.4m)、JXビル(87m)、大和呉服橋ビル(38.5m)などが建っていましたが、すでにJXビルは解体が進められています。日本ビルヂングも一旦閉館して北側の一部が解体されました。残った部分には再度テナントを入れて当面オフィスとして使用されるようです。この間のニュースではパソナが牧場を開くとかやっていました。東京のど真ん中でしかもビルの中で牧場とは、まったく以って意味が分かりません(笑)。
そんな日本ビルヂングもその後、朝日生命大手町ビルとともに解体され、跡地には2027年完成予定で地上390mのB棟が建設されます。

20171003_04.png

完成鳥瞰イメージです。
B棟は延床面積が490,000uというだけあってメチャメチャ大きいです。
展望台も設置されるということなので今から非常に楽しみです。



■おまけ

20171003_05.png

常盤橋地区の現況モックのアップです。
現況といってもまだ解体前の状態です。
けっこう精巧めに作ってありますが、精巧過ぎてめちゃめちゃ重いので普段は非表示にしています。

20171003_06.png

線表示をOFFにするとこんな感じです。
全篇こんな感じで作れたら良いのですが、データサイズ的にも時間的に無理無理です。




posted by モエストロ at 21:40| Comment(0) | 超高層ビル・タワー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: