2017年08月26日

汐留シオサイトのモック

最近、計画中のビルばかり増やしていたので長らく作りそびれていた汐留のビル街を作成しました。

20170826_shiodome_07.png

汐留は横幅の広いビルが多いです。
東京汐留ビルディングは横幅が133.8mもあります。
その左隣の住友汐留ビルは111.38mです。
日本テレビタワーは推定で104m。
一番右の電通本社ビルも推定130mで作成しています。
ちなみに電通本社ビルは曲面部分の長さで測ると145mを超えるそうです。
幅があるのでいっけんそんなに高そうに見えませんが、高さ210m越えを2棟含んだ巨大な超高層ビル街です。


20170826_shiodome_08.png

虎ノ門ヒルズから望む汐留のビル群。
新橋から浜松町にまで至ります。


20170826_shiodome_09.png

東京湾側より。
今後建て替えられる浜松町と芝浦と合わせて巨大なビル群を形成します。

20170826_shiodome_10.png

南から。
今後、新橋駅前も西口のニュー新橋ビルや東口の再開発などを控えており、実現すれば内幸町のビル群とも接続することになりそうです。

20170826_shiodome_11.png

パースなしです。
写真で言うところの圧縮効果でしょうか。
後ろの方のビルとのサイズ感を比較できます。
頭が見切れている虎ノ門・麻布台地区や虎ノ門ヒルズなど、汐留と比較しても明らかに巨大です。
汐留のビルでも十分巨大ですが、それよりも遥かに大きなビルが今後どんどん増えていきます。

20170826_shiodome_12.png

立面図です。
210m級が2棟含まれる汐留のビル群を追加してもあまり大きな変化が出ません。
200m以下のビルも以前よりだいぶ増えました。
簡素な立体でも数が多いとやはり作るのは大変です。
まだまだ追加しなくちゃいけないビルがいっぱいあります。
それにしても現在いったい何オブジェクトくらいになったんでしょうか。
数える気もおきません(笑)。


posted by モエストロ at 22:49| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年08月23日

浜松町二丁目4地区A街区、B街区のモック

浜松町二丁目4地区A街区、B街区のモックを作ってみました。

hamamatsucho_01.png

右からA-3棟(197m)、A-2棟(55m)、A-1棟(200m)、B棟(156m)です。

hamamatsucho_02.png

開発事業者の整備イメージに近い構図です。
手前の低層棟はモノレール棟(35m)です。A-2棟(55m)は東側45mでセットバックさせています。

hamamatsucho_03.png

線路を挟んだ芝浦一丁目計画を含む構図です。
早く実現するのを見てみたい構図です。

hamamatsucho_04.png

湾岸のタワーマンション群をバックにした構図です。
芝浦一丁目の二棟は浜松町二丁目と比べても、やはりどデカいです。

hamamatsucho_05.png

立面図です。
もはや200m前後だと全然目立たなくなっています。



posted by モエストロ at 21:39| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年08月20日

虎ノ門・麻布台地区(330m+270m+240m)のモック

虎ノ門・麻布台地区の再開発計画のモックです。
常盤橋390mの計画が明らかになって以降ちょっとかすんでしまいましたが、それでも高さ330mと270mと240mというこれまでの東京の頂点レベルのビルが一気に3棟も増えるという超大型プロジェクトです。
toranomon_azabudai_01.png

右の東京タワー(332.6m)モックと比べると相当インパクトあります。
330mは最大幅を75mとして作ってます。
公開されているメインデザインは遠望のみなので細かいデザインが計りかねますが、もしかしたら頂点に向かってすこし四隅が出っ張ったようなかたちなのかもしれません。
今回のモックでは平面図を元にして、正方形をベースに角を削り、中層階を若干膨れさせるかたちで頂点まで伸ばしています。
主構造がセットバックすることなく頂点まで伸びているデザインは私としては非常に好きです。
並んだ240mと270mもこの界隈で最高層クラスなのでかなりのインパクトのはずですが、やはり330mの存在感が圧倒的です。

toranomon_azabudai_03.png

遠景パースなし。


toranomon_azabudai_04.png

虎ノ門ヒルズ、芝浦を含めた構図。


toranomon_azabudai_05.png

東京駅方向をバックに。

toranomon_azabudai_02.png

立面図。





posted by モエストロ at 07:49| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年08月19日

芝浦一丁目計画(235m×2棟)のモック

芝浦一丁目計画(235m×2棟)のモックを作ってみました。
shibaura1chome.png
配置してみると思ったよりだいぶ大きいです。
最近は250m超の計画も多くなってきていて235mだと物足りなささえ感じてしまいますが、235mちょっと舐めてました。

shibaura1chome03.png
湾岸のタワーマンション群と見比べると圧倒的な様子がわかります。
193.5mの巨大なツインタワー・THE TOKYO TOWERSが子供のようです。



shibaura1chome02.png
有明から豊洲に渡る冨士見橋から見たイメージ。
2棟の間に東京タワーを垣間見るかたちになると思われます。

昔、サイレント・メビュウスという漫画(著・麻宮騎亜)で巨大な超高層ビル群に囲まれて佇む東京タワーが描かれていて衝撃を受けた記憶がありますが、そんな未来がかなり実現してきていますね。
全体の完成は2029年とだいぶ先ですが、今からとても楽しみです。



posted by モエストロ at 10:33| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

2017年08月15日

虎ノ門ヒルズステーションタワー(265m)のモック

作ってみた。

toranomon_st_02.png



toranomon_st_03.png

再現はしてないんだけど、上部の展望フロアっぽい部分はなんだか軍艦の艦橋っぽい。
軍艦は嫌いじゃないんだけど、あれ?これ、かっこいいんだっけ?みたいな感想になってる。

toranomon_st_04.png

虎ノ門ヒルズ森タワーがとてもアクセントが強いので、それを超える高さのこのビルにも並び建つにふさわしいインパクトが欲しいところだと思うんだけど、これだと両方殺しちゃってないかな。
いっそ素直に他の二棟に合わせて真四角を貫いて森タワーのアクセントを残したほうが良くはないかな。
でも微妙さのある艦橋っぽささえ抜ければあるいは……。

toranomon_st_05.png

おまけのビル集合。
一番左から東京ミッドタウンタワー(248m)、六本木ヒルズ森タワー(238m)、住友不動産六本木グランドタワー(230m)、泉ガーデンタワー(216m)、アークヒルズ仙石山森タワー(206.69m)、六本木ヒルズ ステーションタワー(265m)、虎ノ門ヒルズ 森タワー(255.5m)、常盤橋(390m、230m)、八重洲一丁目6地区(250m)、日本橋一丁目中地区(287m)

東京にも250m超級がどんどん増えてきて嬉しい限りです。

posted by モエストロ at 23:03| Comment(0) | 超高層ビル・タワー

大事なことなのでさらっとブログで言います



次回、C93は申込みしません。



posted by モエストロ at 06:59| Comment(0) | コミケ

2017年08月14日

コミックマーケット92 サークル参加報告(頒布部数実績報告あり)

遅ればせながら、コミックマーケット92、お疲れ様でした。
おかげさまでまた楽しい時間を過ごさせていただきました。
2日目の超高層ビルを愛でる会にご来訪いただきました皆様、他のサークル・一般参加者の皆様、そして準備会・スタッフの皆様、本当にありがとうございます。
今回はセンター大通りに面したお誕生席というとても良い場所もいただけて本当に大感謝です。

さて今回、新刊がかなりギリギリになってしまい、コピー誌になってしましました。
レイアウトも全然手を掛けられず、せっかくいい場所をいただけたのに申し訳ないです。
毎回毎回、準備不足なのでちょっと根本的に考えなおさないといけないと思います。
考えます。

■頒布部数報告
C92_hanpu.png

データが完成したのが前日の23時過ぎ。
当然、印刷は間に合いませんので当日の朝、キンコーズで出力することになりました。
あまり部数を用意できないとtwitterでは50部くらいと書きましたが、
始発で店に突入、幸いプリンターも空いていたため、
ギリギリまで出力してなんとか100部こさえて持ち込むことができました。
おかげでサークル入場がギリギリに。
告知もほとんどできませんでしたが、おかげさまで100部完売致しました。
ありがとうございます。

C92_newarrival_01_mini_color.png

さて、お盆休み返上で本日は出勤なので、これにて失礼します。
今後ともサークル、ブログ共々引き続き宜しくお願い致します。



posted by モエストロ at 07:37| Comment(0) | コミケ