2014年08月16日

コミックマーケット86 サークル参加報告(頒布部数実績報告あり)

20140815_c86_009_2

皆様、コミケお疲れ様です。

8月15日〜17日の3日間に及ぶ戦士の集い・コミックマーケット86(C86)も2日目が終了しました。

当ブログ「萌えストラクチャー」はサークル名・超高層ビルを愛でる会として
ブログ「超高層マンション・超高層ビル」の中谷さん、「supira's portfolio」のすぴらさんとともに昨日、1日目に参加しておりました。

お隣のスペースはなんと工場やジャンクションの写真でおなじみの「工場萌え」さんでした。

新刊を交換させていただいたり、まともにご挨拶させていただいたのは初めてだったのでうれしかったです。(私の新刊は200円なのでさすがに1200円の写真集と交換するのは申し訳ないのでクリアファイルと交換させていただき、新刊は購入させていただきました。)

 

本日はちょっと天気も崩れ気味でしたが、昨日は快晴で気温も上がり、会場は非常に蒸し暑い状況でした。

今回初めて壁際配置をいただいて嬉しかったのですが、ちょっと入り組んだところで風通しが悪く空気が滞留。そのため終始汗だくで、飲み物を買いに行ったときに入り口の吹き抜ける風が本当に心地よかったです。

20140815_c86_008
後ろは壁。これが壁配置・・・・・・しかも横も壁・・・・・・壁過ぎる・・・・・・。

 

でも動き回っていたらやっぱり暑いんでしょうね。

そんな中でサークルスペースへお越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。

 

今回はたまたまか調べてか、外国の方も何名か来てくださいました。

こういうイベントに来るのでかなり日本語が堪能な方が多いのですが、中には英語のみで話してくる方もいます。

私、あまり英語が得意ではないのですが、この間ドバイに行った経験を生かし、とりあえず考え付く限りの単語を並べて意思疎通を図ります。

うちの擬人化リーフレットの東京版を開いて

俺「ディス イズ トキョー ビルディングス! ロッポンギヒルズ・・・トラノモン・・・」

外人「! Oh...」

今度は大阪版を開いて

俺「オオサカ ビルディングス・・・」

外人「Oh!・・・ OK! this・・・this」

俺「センキュー フォーハンドレットィエン!」

なんとか意思疎通に成功し、同人誌を入手していただくことができました。

でも考えてみたら中身はビル名以外全部日本語なんでした(^^;)

せめてイラストだけでも楽しんでいただければ幸いです。

 

当日のサークルスペースのレイアウトはこんな感じでした。

20140815_c86_001_3

 

20140815_c86_003

正面に新刊四冊を配置。

 

20140815_c86_005

ひな壇式で上段にはペーパークラフトとフィギュア展示、既刊見本を配置。

 

20140815_c86_004_2
ワンダーフェスティバル2014夏にリリースされた東京のタワーちゃん(原型師:さとちーさん)を特別展示!

 

20140815_c86_006_3
後ろにはA1サイズポスター。

いつもはマルダイさんのイベント用携帯型ポスタースタンド『PO.SU.TA.』を使っていますが、今回は壁配置ということで壁に直貼りです。

2枚あったので壁とスタンド両方使ったらちょっとうるさかったです(笑)

 

20140815_c86_007
頒布スペースから見た会場。

これが壁サークルの見ている景色・・・・・・・すごい(小並感

 

さてそれでは恒例の頒布部数報告です。

今回は壁際、結果はどうだったのでしょう。

C86

・・・・・・・あれ、あまり伸びませんでした。

壁配置とか全然関係ありませんでした(^^;)

 

同じく西館だった前回の実績360冊と比べてもおおよそ5%減。

今回のラインナップ、結構自信あったんですけどね(´・ω・`)

中谷さんの空撮写真集もいいものですし、そこに関連するように西日本の山から見た市街地の夜景写真。

デジオンさんのペーパークラフト各種。

さとちーさんのフィギュア展示。

そして私の虎ノ門ヒルズちゃん。

かわいく描けたんですよ。自分で描いた子は自分の娘みたいなものです。超かわいいです(親バカ

でもこの結果です。う〜ん・・・ちょっとくやしいですね。

 

今回のコミケ、1日目全体でも17万人と前年から4万人も減ったということなので、そのあおりを受けたのでしょうか。

原因としては

・平日だったことで当サークルのコアファン層である社会人層の来訪が少なかった

・壁際というとなんかすごそうですが、西館の入り組んだ場所で目立たず、初見さんが少なかった

・飽きられた

など、いろいろと思いつく原因はあります。

 
創作活動をするなかで、反響というのはかなりモチベーションに影響するので、頒布実績が下がり続けるというのは非常にゆゆしき事態です。

自分としても自分の娘にも等しいオリジナルキャラクターを世に知らしめることこそが、やる気の源泉なので見てくれる人が減るのはなかなかに(´・ω・`) な感じです。

 

とはいえ、それでも買いに来てくれるコアなファンの皆様がいます。

それはとても嬉しいな、って思っています。

差し入れなどもいただいて、中にはスカイツリーさんのキーホルダーをくださった方も!

本当にありがとうございます!

 

また、そんな中でいくつかご要望をいただいたりしています。

・浜松アクトタワーを擬人化してほしい(静岡の方)

・名古屋のビルの擬人化を!(名古屋の方)

・ランキングに建設会社名を入れて欲しい(建設会社の中の方)

せっかくここまで足を運んでくれてリクエストをしていただけるなんて、これはもうやるしかないじゃないですか(*゚∀゚*)

会社名を入れるのは次回からすぐに取り入れます!

新規ビル娘については次回の企画の検討とかも含めてまだいつまでにということは言えないですが、承りました!

やりましょう!(宣言

 

くわえて、そもそも私がやらなくちゃいけないのは、ますますかわいいビル娘をもっとたくさんバリバリ描くことだと思います。そこは真摯に頑張っていく所存です( `・ω・´)

 

そんなわけで頒布部数は少々厳しいものがありましたが、それ以外にも多くのものを得られたので次に向かってますます頑張りたいと思います!

次はインテックス大阪でこみっくトレジャー24(2014年9月7日日曜日)に参加予定です。

お近くの方は是非お越しいただければ幸いです!

 

【お知らせ】

※今回の新刊については諸所の事情により、同人書店さんへの委託は現在のところ未定・または予定なしです。

※本当はかわいい東京の超高層ビル・リーフレット(超高層ビル比較 2013年度版)は2014年度版である「超高層ビルくらべ 2014 TOKYO」のリリースにより廃版になりました。

※本当はかわいい大阪の超高層ビル・リーフレット(超高層ビル比較 2013年度版)はこみっくトレジャー24に予定している「超高層ビルくらべ 2014 OSAKA」のリリースにより廃版になる予定です。

 

 

 

posted by モエストロ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コミケ

2014年08月14日

【コミケ C86】超高層ビルを愛でる会 コミックマーケット86出展情報

明日、8月15日(金)より8月17日(日)までの3日間、有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)でコミックマーケット86(C86)が開催されます。

当ブログ「萌えストラクチャー」は初日となる明日8月15日(金)にサークル名:超高層ビルを愛でる会でサークル参加します。

スペースは西あ-64aです。

お隣のスペースはなんと工場やジャンクションの写真でおなじみの「工場萌え」さん!

頒布物ですが、今回はおしながきというものをちゃんと作ってみました。

 

 

_c86_v2

※クリックで大きなサイズ。

 

今回は私(上段・中央)とすぴらさん(上段・右)、中谷さん(上段・左)、更には委託でえふわかさん(中段・左)の合計4種類の新刊が登場

また今回も名東創活団さんのペーパークラフト各種(中段・右)も取り扱います!

ちなみにペーパークラフトですが、各10個(新宿センタービルのみ20個)限りとなります。どうしても入手されたい方はお早めにお越しいただければ幸いです。

 

・・・・・・・それにしてもおしながきって、作ってみるとなかなか便利ですね。

こうやってブログでも使用できますし、コミケWebカタログでも告知画像に使用できるし、Pixivにもそのままアップできるし、Twitterでもつぶやける。

おしながき、とても便利!

ただ、画像なのでテキスト的な検索にはヒットしなくなっちゃうというデメリットもあります。

手間暇をかけられるならば使い分けるのがベストというところですね。

 

ということで、今回も充実の内容で参加します。

よろしかったらぜひお越しください!

※コミックマーケットへの入場は無料ですが、1日15万人〜20万人以上が来場するイベントのため午前中は大変な混雑が予想されます。初めて来られる方は、入場待ちの列が解消される正午以降の来場をおすすめします。

また、夏は室内で雲が発生する(通称コミケ雲)ほど高温多湿の過酷な環境となることもあるので、熱中症対策など万全な準備と無理せず時には諦める勇気を持って挑んでください。

 

posted by モエストロ at 07:18| Comment(1) | TrackBack(0) | コミケ